Webコンサルタントやデータアナリストの将来

Webアナリストの未来予測

Webコンサルタントやデータアナリストの将来についてですが、AIという自動化が2019年はかなり世間に浸透したのではないかと思う。

 

AIコンサルタントという職業も出てきており、特に定期的な作業やデータなどの分析の自動化進んだ。これから5年も経てば、定期的な作業やデータ解析はほとんど自動化されていくと思われる。

 

ここでは、WebマーケターやWebコンサルタント、データ解析をしている人へ焦点を仮説を立てて将来を分析してみたいと思う。

 

まず問題としては、「AIによるデータ分析の自動化」である。

 

その問題に対してのいくつか考えられる問いです。
 ・AIによる自動化の業務範囲ってどの程度あるのか?
 ・AIの導入はどうすればできるのか?
 ・WebコンサルタントやWebマーケティングの仕事が減るのでは?

  

確かに、データ取得やレポート、提案までをAIで自動化された場合、WEBコンサルタントからしたら仕事がなくなったのも同然と考えられそうである。

 

確かにAIによる仕事は一部なくなるだろう。ただWebコンサルタントやデータ解析の仕事はデータ分析だけなのであろうか?また、そのAIは誰がどのように導入してみていくのか、判断もしていくのか?などAIが導入された後の話も色々と疑問が出てくる。

例えば、データ分析者の仕事概要を元に考えてみる。

データ分析は主に5つの項目に分かれている。

①設計(KPI設定、タグ埋め込み)

②分析可否チェック、タグ調整

③定期的にモニタリング分析

④結果の振り返り

⑤仮説・改善点

①〜⑤の中で、AIが自動的に行ってくれる箇所は、おそらく③〜⑤の箇所ではないだろうか。①と②はAIを導入してから設定する必要がこれからも需要としてはある。ということは、①と②の仕事は必要なこと。③〜⑤にかけても、監視や定期的なチェックなどが必要だと思っている。

 

とはいえ、AIの自動化によるデータ解析による時間がだいぶ効率化することは見えているので、AIが入った場合のイメージを元にこれからの技術向上をして将来を明るくするためにも頑張るしかないと思う。

 

ちなみにこから必要と伸ばしていった方が良い技術は2つの方向性があると思っている。

 

1つ目は、デザイン方面。2つ目は、開発方面である。

デザインに関しては、AIではやはりまだまだ自動化が進みそうもないと思っている。配置の最適化やボタンなどのABテストはおそらくできると思うが、デザインとなると、まだまだ人の手が必要になってくるだろう。

 

次に開発方面に関しても、AI自体が開発して組み込むということで、そもそもが必要な分野である。

 

なので、この2つの方面で考えてみても良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です