Googleアナリティクスの使い方(初級:入門編)

Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスの使い方(初級:入門編)では、初めての方でもわかるように、簡単な説明から行います。

GoogleがWebサイトやアプリなどの分析を誰でも簡単にさわれるような作りにしているのが、Googleアナリティクスです。(1週間もさわればなんとなくイメージが掴めてくるかと思います。)そのため、最初は不安だと思いますが、しっかりとご説明していくので、最後に一緒に笑ってGoogleアナリティクスを見れるようになりましょう。

Googleアナリティクスを初めは入門編、基礎編と最低限のことを学び、応用編、実践編と最大限、Googleアナリティクスを利用できることを目的に記事をまとめています。

・入門編:Googleアナリティクスとは
・基礎編:基本的な機能説明
・応用編:カスタマイズ機能説明
・実践編:分析方法、課題の見え方

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスは、冒頭でも説明しましたが、Webサイトやアプリといった分析が簡単に行えるツールです。人が定期的に健康診断を受けるように、Webサイトやアプリの健康診断がわかるツールでも言いましょうか。
無料版でもかなり利用できるので、まずは無料版を試していただき、アクセス数が増えてきたら有料版を検討する方向で進めると良いかと思います。

まずは、サイトやアプリに訪問してくるユーザーの多くは3つの大きな行動をとります。

①集客 → ②行動 → ③目標

①集客とは、サイトやアプリへの訪問前に取る行動で、Google検索やSNSといったことを指します。

②行動とは、サイトやアプリへ訪問後に取る行動になります。ECサイトであれば、商品検討や閲覧などになります。

③目標とは、サイトやアプリを訪問後、ユーザーが購入する行動になります。
ECサイトであれば、商品購入、コンサルサイトサイトであれば資料請求などが該当します。

※その他、訪問してきたユーザー自身の性別や年齢などの情報もみることができます。こちらの4つのことがそのままGoogleの分析ツールでみることができます。

以下、左にユーザー、集客、行動、コンバージョン(=目標)とレポートがあるかと思います。

集客、行動、コンバージョン(=目標)

早速、Googleアナリティクスを導入してみようかなと思ったら、
こちらのステップを参考に行ってみてください。

導入手順:簡単3ステップ

1) Googleアカウントを作成

Googleアナリティクスを登録するには、Googleアカウントが必要になります。まずはGoogleアカウントを作成します。ただ、普段GmailやGoogleのサービスを利用している方は作成する必要がない方が多いかと思います。

2) Googleアナリティクスアカウントを作成

Googleアカウントを作成したら、次にGoogleアナリティクスアカウントを作成します。分析するサイトのURLを入力するので予め準備しておいてください。
トラッキングコードと呼ばれるタグを取得することができます。
このトラッキングコードをページのHTMLに設置すると、Googleアナリティクスにデータが送られデータを計測することができるようになります。

3) トラッキングコードを設置

最後は、取得したトラッキングコードを全てのHTMLページに設置します。
※画面に表示されているトラッキングコードをコピーします。
<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>から</script>まですべてコピーします。

コピーしたトラッキングコードは、ウェブサイトの全ページのHTMLに貼り付けます。HTMLの<head>タグの直後に貼り付けます。

トラッキングコード

Googleアナリティクスの導入手順は以上の3ステップで完了です。

次の基礎編では、最低限知っておいた方が良い機能について説明します。
Googleアナリティクスの使い方(初級:基礎編)

分析依頼や相談、セミナー開催や勉強会など、Googleアナリティクスについて相談してみたいことがありましたら、お気軽に問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です