オウンドメディアで成功したい人のための事前準備や注意点

トリプルメディア

オウンドメディアで成功したい人のための事前準備や注意点について、ここでは説明します。

ある調査では、7割程度の会社様が自社でオウンドメディアを全て運用している状況です。その他3割については、外注やそもそも運用をしていないとの回答になっていました。

◆まずは事前準備を行います。もし行えてない箇所があれば改善の余地あり。
 ・ゴール設定をする。(すごく重要)
 ・戦略・戦術・KPIをたてる。
  ターゲットユーザなどは、ペルソナ設定
  参考ツールを利用して、競合調査をする。
  ※その他参考ツール
   goodkeyword(サジェストキーワード)
   similarWeb(競合他社の流入キーワード)
  ※その他:サイト構築で気をつけておきたいポイント
       ディレクトリ整備をして、パンくず設定
       URL設計:(英字・数字)でローマ字表記
       キーワード設定:Googleトレンドを利用。
       タイトルにキーワードを入れる(3つまで。32文字以内)
       32文字いないの理由:Google検索結果の表記が切れるため。
 ・実施
 ・解析
  課題の発見
  仮説立て
  原因の調査
  改善策の考案
  

◆注意点

①記事の作りが論理的になっているか、事実確認のチェックを行います。
 今後ニュースに取り上げられ際に、穴が見つかっては大変です。
 最悪の場合、サイトを閉じなくてはいけない可能性も出てきます。

②次に、記事のタイトルと内容は一致させましょう。
 SEOとして「Google検索 > 記事のタイトル > 記事の内容」といった
 順に重要度をみています。
 おそらくですが、この一連の流れに沿った内容がきちんと論理的に組み立てられているかをGoogleボットがチェックをしている可能性があります。

③記事の更新は都度行う。

④サイトの構造チェックをしましょう。
 ピラミッド型になっていますでしょうか。(例:TOP>カテゴリ>記事)
 例えば、TOPからいきなり記事などにきている場合、間にカテゴリなどを入れて検索した人にわかりやすい構造にしておきましょう。

例えば、オウンドメディアを立ち上げて、運用が大変になったなどある場合、マーケティングオートメーション(MA)などを導入して助けてもらうのも手だと思います。

例えば、せっかく流入して契約したお客様(顧客)に、2年以内にフォローしないと競合へもってかれてしまう率が80%と高く出ています。とはいえ、顧客が増えていくとフォローするのにもマンパワー対応をしていると限界がありますよね。顧客が離れてしまう前にMAなどを導入して効率良い運用をしておいた方がよいです。

例えば、MAでどんなことがわかるかというと、ユーザの問合せ確度によってのアプローチができるようになったり、データでこういった確度が可視化できたりします。

商品の問合せなどはしようと思っていないけど、少し興味をもちGoogle検索で調査している人のことを そのうち客 とここでは呼びます。
また、既に興味があり、問合せしたいと確度の高い肩を 今すぐ客 とここでは呼びます。

①そのうち客:こういった客は、トレンドやノウハウが欲しい可能性が高いです。そのため、セミナーでトレンドやノウハウを説明してあげたりするのも手だと思います。とはいえ、集客方法としては、ブログや外部サイトからの流入になり、ゴールとしては、メルマガ登録をしていただくことかと思います。
どのような顧客がメルマガ登録をするか、予め外部サイトに登録して、その中にMAなどの分析ツールタグを入れてもらい、分析する方法もあるかと思います。

※上記で、興味喚起をします。
 導入事例なども見せたりして、必要性を感じてもらいましょう。
 メルマガでホワイトペーパーやセミナーのご案内で有益な情報を届けルのも良いと思います。

②今すぐ客
 他社との比較検討を始めています。ここまできたら、自社のメリデメをしっかりと提示して誠意ある対応を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です