Googleアナリティクスの使い方(中級:応用編)

Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスの使い方(中級:応用編)では、Googleアナリティクスで用意されている基本的な機能以外にも、カスタマイズで利用できる機能がいくつかあります。そちらの使い方を中級ではご紹介します。

カスタアマイズの方法は大きく分けて3つあります。

 ①Googleアナリティクスに不要なデータを入らないための方法
 ②基本的な数値で取得できない箇所に対して数値を取得する方法
 ③データをテキストまたは数値として格納して、ディメンションとしてみる方法

①Googleアナリティクスに不要なデータを入らないための方法

機能として、2つ、①フィルタと②除外するURLクエリパラメータがあります。

①フィルタについては、不要なデータとは、自分含め社内からのアクセスをカウントしたくない、怪しげなところからクリックが大量にされているなどに有効です。主な使い方は以下3つになります。

①自社内からのアクセスを除外
②リファラ―スパム防止
③データ上にドメインを表示させる

①自社内からのアクセスを除外
 自分や社内でテストをしている時のアクセスっていらないですよね?そういったデータを反映させないことができます。

例えば、IPで除外する場合
Googleアナリティクスの管理ページを開きます。
右にあるフィルタを選択します。
フィルタ名をあとでわかるような名前にして、フィルタの種類を定義済みにします。次に、除外をクリックし、IPアドレスからのトラフィックを選択し、等しいを選択します。IPアドレスに除外したいIPアドレスを入力します。最後に保存を押します。

フィルタ機能

②リファラースパム防止
登録の方法は、①と同様で、①で選択したIPアドレスからのトラフィックの箇所をホスト名に変更し、URLを入力して除外します。

③データ上にドメインを追加
 データでは、ドメインが自動で削除されてしまっています。
 例えば、 http://data-analyst.jp/homeの場合、/homeがデータ上で表示されています。クロスドメイン設定というのがGoogleアナリティクスにはあるのですが、そちらの設定をしていると、ドメインがことなっていてもひとつのGoogleアナリティクスでデータをまとめてみることができます。

クロスドメイン設定というのは、http://aaa.jp,http://bbb.jpと一つのサイト内でドメインが複数にまたがっている状態のことで、ドメインをまたいだページ遷移を計測するときに必要な設定のことです。

設定方法
フィルタの種類をカスタムにして、詳細を選択します。
初めは、ホスト名を選択し、(.*) を入力
次にリクエストURIを選択し、(.*) を入力
次にリクエストURIを選択し、$A1$B1 を入力し保存します。

フィルタ機能

②除外するURLクエリパラメータについては、URLに付与されているパラメータになります。Googleアナリティクスで、URLごとにデータを見るときに、パラメーター付きでデータが表示されます。パラメータは除いた形でデータを見たい場合、こちらの除外するURLクエリパラメータに、データで外したいパラメータを記入すると、パラメータを除くことができます。

例えば、下記のURLがあった場合、クエリとは、[vid][cid][page_no]になります。?以降の=の前にある文字です。
http://www.google.co.jp/home?vid=ja&cid=hp&page_no=○○&・・・

Googleアナリティクスでページごとにデータを見るときに、上記URLが大量に発行されるページを計測する場合、下記URLにデータをまとめて見たいという場合、除外するクエリパラメータに[vid][cid][page_no]を登録します。

http://www.google.co.jp/home

設定方法
Googleアナリティクスの管理ページを開きます。
右の「ビューの設定」を選択し、その中に除外するURLクエリパラメータがありますので、そこに登録します。

ビューの設定

以下のような形「/home」でまとまって集計がされます。

ページURL

②基本的な数値で取得できない箇所に対して数値を取得する方法

基本定にタグを埋め込んでおけば、数値は取得できるのですが、例えば、ページ内にあるボタンのクリックや画面のスクロール、ダウンロード数などを取得したい場合に必要になってくる。イベントトラッキングという。

イベントトラッキングは、以下3つに分別されるが設定時は、全て記入する必要がある。イベントカテゴリ、イベントアクション、イベントラベル、(任意)値。

例えば、1枚のWebページの複数ボタンに仕込みたい場合


・ボタン1つに仕込む場合
イベントカテゴリ:pagename
イベントアクション:click
イベントラベル:bottom_1

・ボタン複数に仕込む場合(ボタンごとに設定)
イベントカテゴリ:pagename
イベントアクション:click
イベントラベル:bottom_1

イベントカテゴリ:pagename
イベントアクション:click
イベントラベル:bottom_2

・設定例
ga(‘send’, ‘event’, ‘ pagename’, ‘click’, ‘bottom_1’, value, {nonInteraction: true});

③データをテキストまたは数値として格納して、ディメンションとしてみる方法

最後に、データをテキストまたは数値として格納してデータをみる場合の方法になります。

カスタムディメンションとカスタム指標になります。どちらも設定方法は同じで、ディメンションは項目をテキストとして設定。指標は数値で設定の違いになります。

初めからある「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」にあるようなURLごとの数値を、URLではなく、ポイントごとに取得したいといった場合はカスタム指標を使用し、自社の商品名で見たいといった場合は、カスタムディメンションを使用します。

カスタム指標の設定方法を説明します。カスタム指標の設定方法がわかればカスタムディメンションの設定も覚えられます。

まず、Googleアナリティクスの管理ページを開き、真ん中の下の方にカスタム指標があるのでクリックします。その中のカスタム指標をクリックし、新規カスタム指標ボタンを教えてください。

カスタム指標

名前 :カスタム指標の名前で、この名前がレポートに表示されます。
型 :カスタム指標の値をレポートに表示する方法を指定します。
最小値、最大値 : 処理とレポート表示の対象とする値の最小値と最大値です。
アクティブ : カスタム指標の値を処理するかどうかを指定します。アクティブでないカスタム指標もレポートに表示されますが、その値は処理されません。

次に、画面のソースの中にこちらを設定します。
インデックスの数値は、GoogleアナリティクスのNoと同値にしてください。
また、他のタイプのデータとは異なり、カスタム ディメンションとカスタム指標は、ページビュー、イベント、e コマース トランザクションなどのヒットに付加されたパラメータとしてアナリティクスに送信されます。このため、カスタム ディメンションまたはカスタム指標の値は、それを付加するヒットをアナリティクスに送るトラッキング呼び出しの前に設定する必要があります。

ga('create', 'UA-XXXX-Y', 'auto');

// インデックス 1 のカスタム ディメンションの値を設定します。
ga('set', 'cd1', 'Level 1');

// ページビュー ヒットとともにカスタム ディメンション値を送信します。
ga('send', 'pageview');

カスタム指標の型
整数の値を送る場合、カスタム指標は Integer 型か Time 型にする必要があります。ただし、現地通貨として適切な 10 進数を送る場合は Currency 型も使用できます。

次は、上級編になります。
上級では、実際にGoogleアナリティクスを使ってどのような見方をしたら課題を見つけられるかになります。
Googleアナリティクスの使い方(上級:実践編)

分析依頼や相談、セミナー開催や勉強会など、Googleアナリティクスについて相談してみたいことがありましたら、お気軽に問い合わせください。

前回の初級(基礎編)に戻る場合
Googleアナリティクスの使い方(初級:基礎編)

初級(入門編)に戻る場合
Googleアナリティクスの使い方(初級:入門編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です