Googleアナリティクスとスプレッドの自動連携

自動連携

Googleアナリティクスを使ったレポートや集計を定期的にされている方に朗報です。Googleアナリティクスから自動でスプレッドシートに連携して、更新文字どうで今はできるんです。

簡単に行っていただけるようになるべくシンプルに説明していきます。
詳しい設定などについては、一番最後に補足事項として説明しますので、自動連携してみたいという方は一度読んでも損はないと思いますよ。

Googleアナリティクスのデータをスプレッドシートに自動連携する手順
 ・スプレッドシートにアドイン を追加
 ・アドイン からGoogleアナリティクスのデータ取得
 ・取得データの自動化

スプレッドシートにアドイン を追加

新規でスプレッドシートを開きます。

スプレッドシート無題

次に、「アドオン > アドオン を管理」を選択します。

スプレッドシートにアドオン 追加

キーワード検索に「Google Analytics」を入力してEnterを押し、GoogleAnalyticsをクリックします。

アドオン検索

インストールをクリックします。インストール後、続行を教えてください。アカウント選択画面が表示されるので、選択して許可してください。
インストールはこちらで完了です。

アドオン インストール

スプレッドシートに戻っていただき、アドオン にGoogleAnalyticsが追加されていたら、無事にインストールが完了しています。

アドオン 確認

アドイン からGoogleアナリティクスのデータ取得

スプレッドシートにGoogleアナリティクスのデータを連携したいと思います。

アドオン からGoogleAnalyticsを選択し、Create new reortをクリックします。

スプレッドシートにこのようなレポート連携に必要な情報入力画面が出てきます。

Googleアナリティクスとスプレッドシートの連携に必要な情報

1)Name your report

Nameに今回作成するレポートがわかりやすい名前を入力します。後でどのようなレポートの内容かわかるような名前にしておくと後で困らなくて済みます。

2)Select a view

Googleアナリティクスのビューごとに設定することができます。
対象のアカウント(Account)、プロパティ(Property)、ビュー(View)を選択します。スプレッドシートと連携させたい情報を入力してください。もし、ビューが1つしかない場合は、すべて情報が自動で入ります。

3)Choose configuration option

抽出したいデータを設定していきます。
枠をクリックして選択すると最初はイメージが掴みやすいと思います。
 
指標(Metrics):数値や割合を選択する箇所です。例えばユーザー、セッション、PV数、新規ユーザーの割合、収益、コンバージョン数などが選べます。

ディメンション(Dimension):数値をどのような項目でみたいのかを単位する箇所です。例えば、月別、ページ別、URL、イベントなどが選べます。

セグメント(Segments):指標に対してどのフィルタ(特定条件)をかけるか選択する箇所です。すべてのユーザー、新規、リピーターなどが選べます。

ここまで入力し終えたら、「Create Report」ボタンをクリックします。
そうすると、下記のようなシートが追加されます。
入力した情報がこちらに保存されます。追加で作成していくと、横に追記されていきます。

スプレッドシートに情報入力

あれ?データは?と思った方も多いかと多います。
上記までで、Googleアナリティクスと連携する情報をスプレッドシートに追記が完成しました。次は、データをシートに反映させる作業です。

アドオン のGoogleAnalyticsを選択し「Run reports」をクリックします。

スプレッドシートのRunreport

以下、Configuration Optionsの説明になります。

名称必須説明
Report Name レポートの名称。入力されている名前がsheet名になります。
ViewIDGoogleアナリティクスのga:xxxxxxxxというgaから始まるコードです。
Start Dateデータ抽出期間の開始日になります。他にも当日を指すtodayなどが使えます(例 today, yesterday,NdaysAgo)
End Dateデータ抽出期間の終了日を固定的に設定する場合に使います。開始日同様に、todayや7daysAgoが使えます。
Metrics指標(セッションやページビュー数など)になります。複数入れたい場合は、「,」カンマで区切ります。
Dimensions ディメンション(月別、ページ別、URL、イベントなど)になります。複数入れたい場合は、「,」カンマで区切ります。
Order ソートの設定をします。昇順、降順を軸や指標に対して設定します。たとえばセッション数で昇順なら、セッション数を示す、ga:sessionsを入力するだけ。降順にする場合は頭にハイフンを付けします。 「-ga:sessions」となります。カンマで区切って複数付ければ後ろの要素からソートしてくれます。
Filters フィルタの設定をします。指標に対しては数値のフィルタ、軸に対しては文字列のフィルタがかかります。たとえば、ga:sessions<=5 セッション数が5未満、ga:pagepath==/index.html ページが/index.htmlと等しい、という意味になります。
Segment GAの標準セグメントまたはカスタマイズセグメントを1つだけ設定できます。
Limit データの上限数になります。

成功するとこちらのポップアップが表示され、緑色の文字が記載されます。
情報入力が間違っていると赤色の文字が記載されています。

成功した場合、緑色の文字が表示され新しくシートが追加されて、データが表示されていると思います。

Success

失敗した場合、赤色の文字が表示され、エラー内容が記載されています。
下記は、ViewIDの読み込みが失敗していると出ているので、ViewIDが間違っている可能性があります。

Error

取得データの自動化

それでは、ここまで設定したデータを自動更新できるようんスケジュール設定をします。データ確認は朝来てチェックするだけで完了ということができます。

以下設定方法になります。

アドオン のGoogleAnalyticsを選択し「Schedule Reports」をクリックします。

Schedule Reports

「Enable reports to run automatically.」のチェックボックスにチェックを入れます。
毎時、毎日、毎週、毎月をいずれかを選択し、どの時間帯で取得するのかを設定し、決まったら保存(Save)します。

Schedule Reports

以上で自動取得の設定は完了です。

Googleアナリティクスの使い方がわからなかったら、
初級(入門編)Googleアナリティクスの基本的な機能
Googleアナリティクスの使い方(初級:入門編)

中級(応用編)カスタマイズの方法や管理方法について
Googleアナリティクスの使い方(中級:応用編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です