【2020/5/24】新型ハリアーの全貌

新型ハリアー

ついに新型ハリアーの全貌が見えてきたので、私の知る限りの情報を開示したい。2020年6月17日に発売が開始される。2013年の現行ハリアーはマイナーチェンジを繰り返してきたが、ついにフルモデルチェンジをすることになる。

 

目次
 ・グレード、価格、納期、残価設定
 ・納期
 ・新型ハリアーについて
 ・見積書(値引きなし)
 ・値引きってできるの?

 

グレード、価格、納期、残価設定

新型ハリアーサイズ

 

グレードは、大きくS、G、Zの3パターンに分かれており、G、Zについては、レザーパッケージ有無があるため、全部で5パターンになる。
グレードを現行のハリアーに照らし合わせると、
SがELEGANCE。GがPREMIUM。ZがPROGRESSになり、レザーパッケージがMetal and Leather Packageにあたるイメージです。

 

グレードガソリン
(2WD)
ハイブリッド
(2WD)
現行ハリアー
ガソリン
Z レザーパッケージ423 万482万385万
Z393万452万
G レザーパッケージ371万430万330万
G341万400万
S299万358万300万

 

グレードSについては、ほぼ同じ価格ですが、G、Zのグレードは現在の最新ハリアーと比較すると、価格もアップしている。

 

続いて、残価設定も出してみた。
残価率という名前があっているかはわからないが、残りの車のローン額の割合だ。

 

グレードガソリン
(2WD)
ハイブリッド
(2WD)
残価率支払回数
初回+年数
Z レザーパッケージ423 万482万77%13回(1年)
Z393万452万68%25回(2年)
G レザーパッケージ371万430万59%37回(3年)
G341万400万50%49回(4年)
S299万358万43%61回(5年)

 

納期

 

現時点(5月23日)で分かっている納期をトヨペットのスタッフの方に尋ねてみたところ、現時点で早くても9月納車とのことでした。

 

 

新型ハリアーについて

 

去年から、おそらく夏頃には新型ハリアーが出るのでは?と予想されていて、その予想より少し前に今回は新型ハリアーが登場する形となった。

・新型ハリアーはの大きさ
全長 4740mm、全幅 1855mm、全高 1660mm
2000CC ガソリン MXUA80

 

新型ハリアーと現行ハリアー

 

装備ZGS
長尺ハイマウント
スマートエントリーリヤドア
ハンズフリーパワーバックドア
ドアミラー足元照明
12.3インチディスプレイ(9スピーカー)
カラーヘッドアップディスプレイ
ブラインドスポットモニター
RCTA
225/55R 19アルミ
225/55R 18アルミ
電動チルト
本革ステアリング
7.0インチマルチ
インフォメーションディスプレイ
運転席電動サポート2Way
ファブリック+合皮
アダプティグハイビーム
パワーバックドア
LEDデイライト・フォグ
雨滴感知ワイパー
ナノイーX
足元コンソールドアハンドルイルミ
225/55R 17アルミ
4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
オートマチックハイビーム

 

・標準装備
 8インチディスプレイオーディオ(6スピーカー)
 充電用USB(フロント×2、コンソール背面×2)

・レザーパッケージ
 ステアリングヒーター
 シートメモリー
 助手席電動、ドライバーシートランバーサポート4Way
 本革シート
 シートヒーター
 ドライバーシートオートスライドドアWay

・内装色

グレードブラックブラウングレー
Z レザーパッケージ
Z
G レザーパッケージ
G
S

 

・グレードアップ

グレードアップZGS
パノラマルークMOP
ドアミラー足元照明標準
12.3インチディスプレイ
おくだけ充電
ブラインドスポットモニター
リヤクロストラフィックオートブレーキ
ITS Connect
パノラミックビューモニター
デジタルインナーミラー

 

新型ハリアーが現行のハリアーやRAV4との位置付けでどのあたりのターゲットを狙ったのかを少し考えてみた。

現行のハリアーは、エレガントな内装で大人向けな都会の方でよく見かける車。RAV4について、内装はハリアーよりはエレガントな感じではなく都会というよりはアウトドアよりなイメージだ。人気オプション機能としてもバックドアのキックなどが上がっている。さて、今回の新型ハリアーがどの位置になるのだろうか・・・

内装は、RAV4に近いが、外装はハリアー。ただハリアーよりは気持ち大きい。また、ナビも外付けのパターンも用意したとすると、ターゲットはアメリカも視野に入れたはずである。このようなイメージだろうか。(個人的な見解)

 

位置付け

見積書(値引きなし)

今回は、おそらく一番納車が多いであろうGグレードの見積書をもらってみた。
こちらは、通常通りオプションも比較的選ばれるであろうものを追加しているので参考まで

 

値引きってできるの?

 

値引きについては、場所によって様々な回答があることが他のサイトにも掲載されているので詳しくはそちらを参照していただきたいのですが、基本新型なので、半年ほどはせいぜい10万ほどだと思っておいたが方が良いと思う。

もし車を購入する際に下取りを考えている方は、一度査定してください。ここだけの話、下取りよりガリバーなどで査定してもらった方が良いです。おそらく下取りよりは高値で売れると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です